Premiere Pro

【PremierePro】movファイルの音がシーケンスに入れられない場合の対処方法

【PremierePro】movファイルの音がシーケンスに入れられない場合の対処方法

クライアントから動画データをもらった際、

「movファイルか・・・」

「mp4に変換しなきゃ!」

って思ってる人、意外と多いのでは?

私もそう思ってました(^^;)

 

なぜなら、AdobeプレミアProでそのままmovファイルを読み込むと、よく問題が起こるからです。

でも、実はそのまま読み込まなければ解決できるんです。

あくまで一例です。

この方法で解決しない場合もあります。

mp4でも同様の問題、解決方法が使える場合もあります。

 

注意ポイント

この記事は「movファイルの音がシーケンスに入れられない」場合の、解決方法です。

 

まず結論 【解決方法】

  1. プロジェクトパネルにmovファイルを読み込む。
  2. シーケンスに映像は入るが、音が入らないことを確認。(シーケンスに音声のクリップがない状態)
  3. プロジェクトパネルの対象のファイルをダブルクリックし、ソースパネルを開く。
  4. ソースパネルの【オーディオのみドラッグ】をプロジェクトパネルにドラッグ!⇐ここが超重要!!
  5. そのオーディオファイルをシーケンスにドラッグ

すると、シーケンスに音を挿入することができました。

Adobeはmovに関する問題自体は確認はしているとのこと。

ですが2020年3月21日現在、まだ対応できていません。

今後のアップデードに期待ですね。

 

そもそもmovって何なの??

apple社が開発した拡張子のひとつ。

可変ビットレートを採用しているため圧縮率が高く、データ容量をコンパクトにできる。

 

主に、iPhoneや一部のカメラで撮影した動画ファイルはmovで保存される。

MACであれば再生自体は問題はないが、Windowsの場合コーデックをインストールすると再生できます。

 

ですが問題はここからでして、

Adobe premiere proではMAC・Windowsどちらにせよ不具合が多いです。

  • 音がズレる
  • 映像が読み込めない
  • 映像の一部が逆再生される、または飛ぶ
  • 今回のように音だけシーケンスに挿入できない

などなど上げだしたらキリがないです。

最終手段はmp4に変換

この記事にたどりつけた方ならおわかりでしょうが、ググると「mov=mp4に変換」ってパターンが多いですよね。

確かに最終手段としてはありかと私も思います。

編集できなければ仕事は進みませんから。

 

しかし、mp4に変換するということは少なからず劣化してしまいます。

これはさけては通れません。

動画・映像編集を本職にしている方々は(#^ω^)ピキピキ しているそうなw

 

この道で生きていくと決めたプロなら、もがいてみましょう!

今回の方法ももがいて得た知識です、ググってもでてきません。

あとは、クライアントに

  • 劣化を認めてもらう
  • 映像と音声データを別々にもらう
  • 撮影の時点でmp4で保存できないか、たずねる

だいたいの場合、劣化は認めてもらえないですね。

最後に

5Gの到来により、動画の時代が来る! こんな話をよく聞きますが、動画・映像編集というモノはホントに深い世界です。

知れば知るほどわからないことが出てくる。

おそらく全てを理解している人はいないのではないでしょうか。

 

長年、本業としてエディターをしている方でもAdobe Premiere Proのすべての項目を把握しきれてはいないでしょう。

その必要はないですけどね(^^;)

ソフトはあくまで道具なので、使いこなせていれば十分です。

 

今後、今回のような発見やチュートリアル、フリーランスの生き方・考え方なんかをアウトプットしていきますので、興味のあるかたはチェックしてみてください<(__)>

-Premiere Pro
-

© 2022 せとやんのブログ Powered by AFFINGER5